一宮では私たちは熱狂的でした

アソボグリーンの刺激的な研究!だった! ←一宮
今夜はきっと
夕焼け空
ああ、まぶしい
私たちは熱狂的でした
お互いを気遣う

一宮の身震い
友達と笑う
戻れない時だけ
私は通過します
心配です
夢と涙が強く
生きられたらなぁ

春と夏の後、秋と冬が来る
時間が戻らない瞬間に
世界が嘘でいっぱいであっても
私達は行くことができます

あなたに会う
別々に歩く
ごく普通
まるで雲のようだった

雨が乾いたら
もう少し歩き始める
一宮することはできません
感情が傷ついても
求めるか後悔する
親愛なる涙
遠く
私は飛ぶことがしたいです

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です