一緒に一宮ではお風呂に入ろうと誘った

2.一宮に入った後、突然テレビを見始めます。私はいつもそれを見ることができます。
3.一緒にお風呂に入ろうと誘ったとき、入浴したくなかった。自分でシャワーを浴びてください。
4.私が彼をベッドに招待したとき、彼は「今日は二日酔いがあり、私はしたくないので、私はしたくない!」と言った。
一宮に満ちた天国を襲うようだったが、それを抑え、一生一緒にいることはないと静かに決めた。
信頼を築くには時間がかかりますが、失うのはほんの少しです。
気を付けたくもありました。
私は幸せで休暇を楽しんでいますが、もう人と話すことはできませんlol

一宮は出かけるのは嫌いですが、もうできなくなった気がします。
家で待つのが寂しい、つまらないと言った人の気持ちがわかりました笑

会えば今は家でしか会えない。
近くで会えるのなら難しくないですよね笑

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です