一宮の若者におにぎりを食べてほしかった

一宮は本当にこの若者に彼のホーからおにぎりを食べてほしかった「パンダ?いらない。」
ご存知のように、現在各国のパンダは日本からレンタルされています。当然、上野公園にはパンダが2頭貸し出されており、年間約1億円。元に戻れば、日中関係の正常化(カクの技)による日本からの友情の一宮でしたが、ワシントン条約により貿易などができなくなったことがきっかけでした。多くの人がこれを知っていると思います。しかし、このパンダの動物は日本によってチベットから取られました。維持管理費といい、レンタル代をいただきます。一宮の使い道は暗闇の中にあります。軍事費かもしれません。チャイナセブンだけが知っています。

1億個を取り出し、1日あたり1万本以上の笹を給餌し、施設を準備して育種に注意を払います。 200億の経済的利益?誰が計算しましたか?それ以上のいい匂いはありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です