一宮で彼は涙ながらに言った

一宮

「ねえ、本当に、私はお父さんが欲しい」と彼は涙ながらに言った。

あまり話さない

一緒に泣きながら話しました

お父さんが欲しいって言われても

私と私の子供を愛する人

私はそこにいるとは思わない

男性にとっては運が悪い

子供にすみません

お父さんがいなくても頑張るって言った

でも今日も突然

私は「一宮、クリスマスプレゼントをくれ」と言い始めました。

その前に誕生日を過ごした

子供のようなもの

一宮
私は寂しい

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です