一宮で私は生まれたのだろうか

いわゆる一人一宮。

自分を良いとは言わないでください。
私は一人が好きではありません。

私が話す一宮は低くはなく、かなり高い

歌に関しては、
結局、若い頃の甲高い声が出にくいです。
一宮一年生の指輪。

高さだけでなく、肺活量もリアルです。
華原朋美は息切れして死んでいるようだ。

カラオケがすべてです
私は苦しみと心配で最善を尽くしています。

本当に歌が上手な人がいます
良くなくても声に惚れる人
何で
それは何ですか?その意味。
私は生まれたのだろうか。
(・Ω・)

 

そんな昭和に
今日好きな曲は米津玄師だけです。

40代で「LOSER」を歌えたことを称賛したい。
いいえ、私はそれが得意ではありません。
ただ私は敗者です。

もう一度行きましょう
私たちの声。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です