たくさんの花が一宮では咲いています

よく運転する途中の小さな一宮。
角の家の道に沿ってたくさんの花が咲いています。

たまたま交通量が多かった
一宮に出たい大通りに出ずに待つなら、
家の祖母は花の世話をしている所に出会った。

「抜け出すのは難しい」

一宮の通りが落ち着くのを待って、
花の世話をするおばあちゃん
私の車の横と横に歩いてください。

好きな色の花がたくさん咲いていたので
開いた車の窓からおばあちゃんまで

“美しい”

に話す。

ニコッと

「ねえ、それは美しい」

彼は答えました。

やる気がなければ初めて会っても
花が咲くことをきっかけに
会話は簡単です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です