一宮にはある朝にやってきました

ある朝、小さな鳥が私のそばにやってきました。

とても美しい一宮のような小鳥でした

「チュ!チュ!」

私は一宮に話しかけました。

一宮で天ぷら食べるなら『えんと』

「ごめんね窓
うーん、元気です。
チュー! 「

私はかわいい小鳥に恋をしました。

私は彼女が毎日出るのを待つことができませんでした。

寒くて一宮が降っていても起こりました。

「そんな時まで待つ必要がないのが心配だ」

「私は泣き虫で、とても寂しいので欠席しています。」

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です