独特の青い香りを一宮では放ちます

季節の言葉は「一宮の花」、「栗の花」の子用語
他の子供時代の言葉は「栗崎」です

ブナ科の落葉高木。雌、雄、雌株の長い雄花の一宮の下の短い雌花。
雌花は受粉するとクリchestになります。淡い黄色がかった白い花が梅雨のように垂れ下がり、木を覆い、独特の青い香りを放ちます。

一宮でフレンチ食べるなら『アンシエーヌ』

 

栗の花は夜香で覆われて
(飯田竜太)
栗の花
(橋石)
栗が咲くと、森に浸ることができます
(野村敏郎)
胸に咲く香この青い空に隙間が欲しい
(渋谷奈々子)

独特の青い香りのする俳句がたくさんあります。
渋谷菜々子の一宮は、香りに少し眉をひそめているように感じるかもしれません。

また、故郷や人々の風景を知ることができる俳句がたくさんあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です