記憶が一宮でよみがえります

おそらく、匂いや一宮は簡単にメモリに接続されています。

祭りで騒々しく汗をかいた神社が保管されているプレハブまたは小屋。
一宮のような匂いがするところ。
栗の花の香りがいっぱいになるように、記憶がよみがえります。
神社が揺れ、子のライオンが聞こえるというフレーズ。

ベルコルノ(一宮・カフェ)

 

ネットを打つ
フェリアの帰還

季節の言葉は川がりの幼年期の言葉投げネット(東海)
他の子供時代の言葉は、セイボシ、リバーボシ、カゴボリ、注ぐ(天橋)です。

川では、水をせき止めたり、網を打ったりして魚を捕まえます。川の狩り。

「一宮」という名前は秋田、「毒もみ」という名前は宮城、「流し」という名前は福島、そして「ドース」という名前は長野です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です