現実感は一宮ではないと思う

一宮しました。
今年は私の最初の目標でした。

私はステージが白黒に見えることを覚えていますが、
現実感はないと思う。

一宮の前日に私は友達と一緒にソラニンの映画を見に行きました。
その話が真ん中にある私のために、
結局私が見ていたものがあった。

一宮が提案するi-スタイル勤務

将来の不安と不安、
私は自分自身に不満を持ち、
そのような渦は毎日首に渦巻いています。

今日も慣性のように今日来ようとしています。
人生に関しては、禅の質問と何か何かをする必要はなく、
生きているなら慣性でさえそれは人生です。

まだ一宮から抜け出すためには、
私が日々仕事をしている中で、
それは私のためのバンドだったから。

私が失業中に何かをやり始めたバンド。
私はここで大きくなることを考えなかった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です