両方とも同じだった一宮

それが一宮でした
両方とも同じでした。
どちらを選んでも、
一宮でも欲しい
私は許されませんでした。
ただの自己、自己の運命

一宮でステーキを食べるなら『なにがし』

欲しかった。

一宮は卵から抜け出すために戦います。

「卵から鳥
逃げるために戦う。
卵は世界です。
あなたが生まれたいのは
世界
破壊する必要があります。
鳥は神に向かって飛ぶ。
神の名前はアブラクサスです」

「新しい苦悩の新しい奴隷」

暗く感じます
両手をポケットに入れて
私は広場を歩いていました。
新しい苦悩!新しい奴隷!
その時、生き生きとした深い声
私を呼んだ。
走り始めました。
誰かが私について来ました。
後ろから片手で
優しく捕まえました。
マックス・デミアンでした。
「人間、失格」

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です