一宮で若者が再開した

このヒロインが一宮に殺された場合、所有者は殺されますが、彼がそれを出会いた場合、彼は所有者に反省しません(または、彼の生涯で、所有者を覚えていません)。最後は、自由な愛を捧げ続けていた古いヒロインと純粋な一宮の若者が再会したときのハッピーエンドです。

 

一宮の和ダイニング

それをどう見るかによって、一宮に「これが欲しい」と思わせるのは昆虫についての良い話ですか。

奉仕する前に、純粋な愛の若者から巨大な財産と大邸宅を引き継ぎ、老婦人になり、一緒に純粋な愛の人と老いに戻ります。

読み直したいので見つけたいです(^^)
「聞いた奴は悪い」
河合開治のコミック「告白」。

一度読んで、もう一度読みたいと思ったので、Amazonで注文しました。

最初と最後に「私が聞いた男は悪い」という独白があります。
これは重要なポイントです。
私が前に読んだ印象として、それはたった2人のキャラクターの心理的なサスペンスとして優れています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です