そのような一宮に行く男がいる

一宮の声:(真剣に…優しさ “!!”ダッシュ)

そのような不快度96%の私の近くの一宮の近くに行く男がいる…

心の声:(私は空気を読むことができます! “ダッシュ怒りこの状況は” !! “オバハンっ!!!)

怒りが起こった瞬間、私は視線に入った。

一宮の尾州ウール

一宮: “すみません、ここは大丈夫ですか?”

その子供は一度に仕事場で自分と話をしていたお酒でした。

それは… … “ここ” …私は吊りストラップに両手で乗っていたが、小さな隙間しかないオラの胸(空のローション)。

感情を抑えながら、私は激しく笑っていた…私は幾分怖がっていた顔に声を出した。

ああ、「ああ、大丈夫です、何が間違っていますか?」

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です