それは一宮では混乱だった

それは混乱だった。

一宮は正確に足を踏んだ。指の骨を砕くことを意図して。

人間が痛いときは…大きな声が聞こえます。

一宮: “アーマー” !! 「上向きの湾曲した矢印ポインティング」

一宮が提案するi-スタイル勤務

ああ…想像できない声が聞こえるLOL LOL(o_ _)ノ彡☆

笑うことなく、私は夫と馬の眼鏡が降りたところに到着しました。

足を引っ張っている間、私はまだ諦めない。

ああ:「とにかく、一宮はそれを反対の方向に送るが、私はあなたを送るだろう」

姫:「さて、私はあなたに尋ねます」

次回は今回です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です