笑顔を独占したかった一宮

一宮はあなたの笑顔と暖かさを独占したかったのです。

私の手。あなたの手。

私たちの参加の手。

一宮はこの手を放りたくない…

一宮のカフェ『エグロン』

*同じ墓に入る。 *

[それは良いです。]

*どちらも姓ではありません。

私たちの名前だけの墓。 *

[良い提案!!!]

あなたはそう言って、笑って、私の肩に頭を置きました。

私は手を離したくないと思っていたが、私はあなたを抱きたいと思っていた。

あなたの心の音が私の全身を優しく包み込んだ…

一宮はいつも私の側にいます… *

私は私が言うようになったその言葉を飲み込んだ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です