プレッシャーを一宮では感じています

しかしそれだけです
一宮は自分にプレッシャーを感じています(/ _;)

“私達はどこに向かっていますか? ”
一宮は迷ったが
昭和記念公園
紅葉がようやく見られるようになった。

一宮 相乗屋

このもみじを一つずつ見ると
あの出会い、あの別れも
それは大丈夫ですか?
そうですね。

私はそう考えたいです。
「私はそれを言うのをやめるべきです。」
私が言いたいことがありますが、私は言うことができません….

ある人に
「○○です(^ ^)」、
私は良いと思う言葉を持っています。
確かにそうではないかと思います。
しかし、その人がいない一宮
毎回拒否されます。
その表現は私にとって
それは表現のように見えます。

しかし誰もが何も言えないなら
私は同じです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です